TEL LINE

Blog記事一覧 > Weblog > 『ソウル・サーファー』

『ソウル・サーファー』

2013.06.23 | Category: Weblog

おはようございます

昨夜、DVD で映画を観ました。

『ソウル・サーファー』です。

ずっと観たかったので、やっと観れました

ハワイでの実話で、サーフィンのお話しです

サーフィンといっても僕は、やったことないです

この映画の主人公『べサニー』は、女の子で、サーフィンをやっています。

ある日、地区大会への練習中に、サメに襲われます。

左腕を無くしました。

それからの人生を描いた実話。

実話の映画って、当然ですが本物の映画を観たなぁ~ってなります。

感動も本物になります。

皆さん、観てくださいね

べサニーが、全国大会優勝を目指す時、お父さんは こう言います。

『べサニー、第6感を信じろ。』

そして、大会終盤べサニー は、波に手をやり、海を感じます。

僕達の手技も、手を使います

そして、患者様の身体(病院での検査結果や僕達もする徒手検査には出ない異常等)を感じようと努力します。

これは、当たり外れの八卦見ではありませんし、宗教的な話でもありません。
検査 結果はどうもないけど、患者様は異常を訴える方も沢山居られます。

機械で全てを理解しようとする現代に、人間味を感じさせる場面です。

最後に べサニーは、

『サーフィンは人生に似ている。

波に のまれたら 立て直せばいい

次は いい波がくるかも

神を信じていれば どんなことも 乗り越えられる』

と。

右腕を失ったべサニーは、『この試練の意味は?』と、伝道師に問います。

答えを見付けるために、苦悩します。

全国大会では優勝は逃しますが、

『両腕があるより、みんなを勇気づけられる』と、最後に答えます。

タイのプーケット島で 津波があった頃のお話しです。

最近の実話です。

人生、
波にのまれたら、次を考えられますか?

自分の試練を人の為に役立てられますか?

日々

自分勝手な僕自身へ問いただす、

2時間の映画でした。

ーーーーーーーーーーーーー
なかむら整骨院・しせい本舗
~~~~~~~~~~~~~
http://www.an-ookini.com
ーーーーーーーーーーーーー
いつもありがとうございます
ーーーーーーーーーーーーー

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏