野球肘になったら姫路市東辻井のなかむら整骨院・しせい本舗まで


肘の使いすぎが野球肘の原因?

野球肘はいったん発症してしまうと、長期間に渡って野球する事ができなくなってしまいます。このため、まだ若い学生にとってはとても厄介な疾患でもあります。野球肘は激しく負担のかかるような動作を何度も行う事によって、炎症が出てしまうものです。このため、野球肘は肘の使いすぎやシンドローム系の障害に分類されます。

野球肘は初期症状がほとんどない?

野球肘の症状としてはじめに感じる事と言えば、投球した時に若干の違和感が出ます。この段階で、野球肘だと気づくのはなかなか難しいでしょう。気付けるのがベターですが、肘への刺すような痛みや関節の違和感などによって初めてわかる事が多いです。
ここまでの進行を持って病院を受診してみる人がほとんどですが、大事なのは早期発見する事です。違和感があったらまず早期の段階で姫路市東辻井のなかむら整骨院・しせい本舗に訪れてみましょう。

野球肘の基本的な直し方

・原因を把握する
・どんな症状が出ているかを知る
・手術を検討する
・休養をとる
・リハビリを行う
・予防する
・アイシング

姫路市東辻井のなかむら整骨院・しせい本舗で早めの治療を

姫路市東辻井のなかむら整骨院・しせい本舗では野球肘の治療も受け付けています。肘に違和感がある時は早めに当院にお越しください。

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。