TEL LINE

Blog記事一覧 > Weblog > 大工さんをしました。

大工さんをしました。

2008.11.29 | Category: Weblog


こんばんは。

先月、神戸のIKEAという家具屋さん?に行って来ました。

やたらと広く、買い物の途中で店内のレストランに入らないと疲れてしまう家具屋さんでした。
が、特に家具を買う予定も無く、ウロウロしてましたら、格安のレターケースなるものを発見。
こりゃ~整骨院の受付に使えると、何の迷いも無く購入。二千円でおつりがあったかな?

で…帰宅してから開けてみると…

写真のように、全て『木の板』と『釘』だけが入ってました…

レターケースの枠から引き出しから、全て組立式でした。

聞いてないよ!

しかし、選択の余地も無く、組立しました。

が!

これが結構楽しい。

日本語の説明書は無く、絵だけを見て組立しました。

久しぶりに金槌と釘を使いました。

あまりにコンコンと音がして、昼寝をしてた息子が起きてしまいました。

完成したレターケースを見ながら…こりゃあ良い!と絶賛。

次も、何か作ります。
こんな平和な1日ですが、インドではテロなんですね。

以前、テロの映画を見ました。

実際にテロで亡くなった方に贈るといった内容の映画でしたが、内容は酷い。

アラブ地域でアメリカ人を狙った爆発があり、かなりの方が亡くなりました。

その時、身内を亡くした女性に、あるアメリカ人が

『……』

とある言葉を言います。
その言葉を聞き、女性は涙を抑える事が出来ました。

そして、そのアメリカ人は、テロの現場へ行きます。

主犯を捕らえ、銃殺します。

その時、その主犯は家族に向かい

『悲しむな、仲間がヤツらを皆殺しにするから』

と言います。

銃殺を終えたアメリカ人は、複雑な気持ちで帰途につきますが、
『あの身内を亡くした女性を何と言って慰めたのか?』

と質問されます。

その答えは、

『ヤツらを皆殺しにするから』

でした。

螺旋です。

この映画、ずっとずっと終わらない。

そして、映画ではない現実も、ずっとずっと終わらないのかもしれません。

何が正しいのか、何が間違えなのか…

こちらにはこちらの考え

あちらにはあちらの考え

答えは、文化。

文化は、一つではないのでしょうね…

認め合える文化はないのかな…

本当に、歴史は繰り返しなんですね。

以前話したインドの神様
『ガネーシャ』
は、ゾウと人間の合わさった神様。

僕の部屋にあるお土産で貰ったガネーシャを見ながら、そんな融合を思います。

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。