Blog記事一覧 > Weblog > こんにちは。

こんにちは。

2008.01.09 | Category: Weblog


  こんにちは

 大変良い天気ですね
今日は仕事が昼までですから、今から太陽に当たってきます。

 1月は「行く」
 2月は「逃げる」
 3月は「去る」

と言いますが、毎日過ぎるのが早いですよね?

 明日はもう10日ですよ!

昨年末は僕もバタバタしていて、よくみなさんから

「先生お忙しそうですね…

と言っていただいておりました。

 

 この「忙しい」という形容詞ですが、

実はあまり良い意味の言葉ではなさそうなんですよね…

 たまたま読んでいた本にも書いてありましたが、

「心」が「亡くなる」と書いて「忙しい」なんです。

 つまり、「先生!心が亡くなっていますよ!」

ってな解釈も出来るんですよ…
勿論そんな意味で言われていた訳ではありませんが…

  改めないと

 しかし、食事やラーメン屋さんに行く時の選考基準って、お店が混んでいるかどうかなんですよね…つまり、忙しそうなラーメン屋さん=美味しそうって。

 僕も行列の出来るラーメン屋さんに並ぶ事もありますが、
長時間並んでいる分、余計にお腹がすき、たまたま平凡な味だとしても、数倍美味しく感じますよね…(僕は大概何でも美味しく頂けるので、人気店には行かなくても平気なんですが…

 さて、この「忙しい」ですが、身体は忙しくても、心もココにあると言った「忙しさ」となるようにしていかないとね。

 よく物事をお願いするときも「忙しい人に頼みなさい」と聞きます。

確かに、友人でもよく仕事をこなしている人は、よくアイデアが出てきます。

あれだけ遅くまで仕事をして、休日も忙しそうなのに、お願いした案件は想像以上に仕上げてくれていたりと…。

 忙しくても、心がちゃんとあるんでしょうね

 

 インドで病人の看護をされていたマザーテレサは、同じ質問を繰り返し受けてきたやら・・・

「あなたは何故、看護をしても助からない末期や難病の患者さんに一生懸命心を込めて全力で看護をしているのか?結局は無駄ではないのか?」

 といった内容。

酷い質問ですが、いつもこう答えてらしたそうです。

「いま、死に瀕してる人たちに、心を込めて看護することで、せめて最後の最後に「生まれてきて良かった」と思ってもらいたい。みな恵まれない人生を送ってきた人たちです。「酷い人生だった、生まれてくるんじゃなかった」と思い続けてこられたことでしょう。でも最後には「生まれてきて良かった」と喜んでもらいたいのです」

 手厚い看護が無駄だとも思わず、過去も悔やんでる訳でも無い。

 
 今、自分に出来ることをされ続けられていたのでしょうか。

僕も、「忙しい+心+心」くらいの気持ちで日々頑張れたらと思います

 ロクは、ストーブ前の特等席でうたた寝していますが…

 

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。