Blog記事一覧 > Weblog > 山下 画伯。

山下 画伯。

2013.02.21 | Category: Weblog


こんばんは。

先日の日曜日、『恐竜ジャー』という新しい番組がありました。

5人組で敵と戦うアレです。

子供たちが見ていました。

最近の子供向け番組は、すぐに物販へ結び付けるので、困りますが・・・

さてそんなテレビ、最近視聴者離れしてるやら。

確かに、悪影響の方が多いかもしれません。

最近よく思います。

『この報道は、いったい誰の為に流してるの?』と。

悲しい事故や事件を、もう二度とさせてはならない!といった正義感は感じれません。

以前、ニュージーランドやったかな?とある紹介番組を見ました。

ニュージーランドの片田舎の放送の紹介だったと思いますが、

その地元報道内容は、

『今日は、○○町の、△△さんの誕生日です!今からインタビューに行きます!』と、本当にその方が映り、知人はテレビに釘付け。

また、『□□さんは、こんな素晴らしい事をした!』と、良いことだけを報道。

視聴者は、次は自分かも!と、競うようにその番組の時間は自宅で過ごすやら。

デスヨネ?

こうあるべきデスヨネ?

僕の子供たちも、悲しい事故や事件を耳にしますと、『何で?何で殺したん?』と聞きてきます。

『この犯人は何でこんな事したんやろ・・・』原因すら分かりっこない、そんな事件を聞くよりね・・・

そんな僕の少年時代は?

テレビ、好きでした。

影響を受けた番組は、『スクール・ウォーズ』もそうですが、

人に優しくありたいと、教科書的に見てた番組が

『芦屋雁之介』の『裸の大将』です。

こないだの連休、偶然見ました!

平日の昼間に再放送してたんですね!

山下画伯は、『ぼっ、ぼっ、僕は、

こっ、こぉ思うんだな。』

と、話し方は真似たくなかったですが、人への優しさは真似したいと思ってました。

少年時代に、山下画伯の優しさを見て涙を流したもんです。

あの『ダ・カーポ』は、今でも泣かされます。

こないだ、息子とこの番組を見てました。

『父ちゃんの小さい時に見てたテレビや。もうちょい見とき。もうちょいしたらな・・・涙でるから。』

すると、テレビではお馴染みエンディング

『ちょいと!大変じゃー!

あの男、実は、あの、山下画伯じゃ!』

『えぇー、あの、放浪画家のかぇ!』

で、警官が自転車で追いかけ回し、ダ・カーポの曲が流れます。

こないだ、ダ・カーポを五回再生して息子と見ていました。

嫌がるかな?とも思いましたが、割に息子も何やら感じた様子。

『どや!ええやろ!?』

と、ききましたら、

『うん。』

と、静かに聞いてました。

あんな優しい大人になりたいと思いながら、気が付いたら40歳。

まだまだ、『野に咲く花のように』はなれてないな。

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。