Blog記事一覧 > Weblog > 三田へ行きました。

三田へ行きました。

2012.08.21 | Category: Weblog


おはようございます。

お盆休み、早かったですね。

『アッ』ちゅうまです。

毎年、僕のお盆休みは、お墓参りがメインになります。

お墓では、『般若心経』を詠みます。

お父さんが亡くなった頃、お坊さんが言いました。

『彰宏くん、般若心経は宗派が関係ないお経です。

だから、覚えとくと良いよ。

彰宏くんが、夜、恐い道とか、

この場所は何か嫌やなぁ~って思ったら、詠みなさい。』

と、摩訶不思議な言葉を掛けて下さいました。

まっ、魔除けになるのや?と、

お父さんの四十九日の間に毎晩家族でお経を詠みました。

ちなみに、般若心経と西国三十三のお寺のお経も毎晩詠みました。

姫路の書写の圓教寺のお経もあります。確か第28番でしたっけ?

『ラストサムライ』というトムクルーズの映画に出てきたお寺です。

子供の頃、まだ姫路市に住んでませんでしたから、

書写の圓教寺のお経の番になると、

いつも姫路に居るおばちゃんを思い出し、会いたくなりました。

四十九日が終わるまで、

毎週土曜日は姫路のおばちゃんや親戚がお経をあげにお参りしてくれてました。

みんなが来てくれるので、いつも静かな仏壇の部屋は、

毎週土曜日は明るくなり、楽しみでした。

しかし、お経が終わると一気にみんな帰るので、

物凄く淋しくなる瞬間でもありました。

姫路のおじいちゃんは、淋しそうな僕の背中を
『ポンっ』

と叩いて、うっすら涙を浮かべて帰りました。

淋しそうな僕が目に写ってたんだと思います。

あれから、般若心経は忘れないんですね。

あの時、お坊さんはとても立派に思えました。

が、ある日、新聞にそのお坊さんが載ってました。

『フグに当たり、亡くなる』

と…

フグの毒を食べられたそうな。

『立派なお坊さんやのに、フグ食べたんや…』

と、少年なりに複雑な心境でしたが、

般若心経を教えて下さった『教え』は永遠の遺言になりました。

ですから、盆や彼岸にお経を詠みますと、いつもお坊さんを思い出します。

さて、先日のお盆休み、三田へ行きました。

アウトレットで今回は買い物しましたよ♪

通勤用の『リュック』を買いました。

見られました?

僕のリュック。

色はなんと、フランス国旗仕様♪

『イーグル』か『エーグル』かというフランスのメーカーです。

オシャレですよ…多分。

買う時、買い物終盤戦の為か、中村ファミリーは疲れ気味。

家内にも見て貰って買ったんですが、

家に帰って改めて評価されました。

『フランス国旗やで…それ。

オシャレ??か?』

みたいな。

確かに…オヤジな僕にはギャップがあるかも。

まぁ、まぁ、オシャレな僕を見掛けたら、

『ボン ジュ~、トレビあーん』

と声掛けて下さいマシ。

そんな夕暮れの三田、ヒグラシが鳴いてました。

あの声、エエですねー。

どこかサミシ気なヒグラシの声、

暑い夏の1日の終わりを告げる声、好きナンです。

そして、夜ご飯に

お馴染み、インドカレーを食べました。

子供達はカレーをあまり食べないだろうと、油断し、

僕が一番に注文してしましました。

すると…

『オレのナンは!!』

と、ジャングルでハイエナに食べられてしまったかのよいに…

僕のナンが、ナッシング。

仕方なく、スプーンでカレーを食べました。

般若心経曰わく

『この世の全ては、構成要素がある。』

ナンを食べられなかった、お盆休みを構成して頂いた様子。

いや~、ホント、早いお盆休みでした。

お盆休みナンて!

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。