Blog記事一覧 > Weblog > 忘年会。

忘年会。

2011.12.20 | Category: Weblog


おはようございます。

先日、ラグビー部の忘年会がありました。

試合や練習には全く行ってませんが、忘年会やイベントには呼んで頂けます。

一次会は間に合わず、二次会から参加しました。

久しぶりに部員のみんなと会えて、熱くラグビー談義をしました。

それから、同業関係の忘年会にもお誘い頂いたのですが、都合が合わず、ラグビー部の三次会に行きました。

三次会のバーは、以前もラグビー部で行ったことがあり、オシャレなお店です。

そして先輩が、

『ここのチーズバーガー、めっちゃ美味いねん。

お前も食え!』

と、写真の980円もする高級チーズバーガーに挑戦。

いざ、チーズバーガーが出て来ましたら、

確かに美味そう♪

すると先輩、

『グシャッ!』

と、チーズバーガーを押し潰します。

『こうしたらな~、

バンズに肉汁が行き渡るねん!』

ですって。

すると先輩、

『あかん!今日のバンズ!

焼きすぎやから、固いわ。

今日の焼き加減はアカン。』

らしいです…

女性店員さんにも

『今日のバンズ、焼きすぎで固いんや!』

と、言ってました…

で、酒好きの先輩はコジャレた『何とかビール』を飲んでいました。

僕は次に、『あまおうのティラミス』に挑戦。

夜中の一時に食べるティラミスは…

そないに絶品ではありませんでした…

で、翌日は『仲島正教』先生の講演会がありました。

写真の先生は、小学校の先生でしたが、最近の教育に対して疑問を感じ、周りの反対を背に、早期退職をし、

現在は教師を教育したり、元気付けたりされる講演会を開催し、全国を回っておられます。

この仲島先生のお話し、感動します。

何度となく涙が出ました。(隣りにいる家内にバレないように…)

約二時間の講演会でしたので、沢山の感動がありましたが、

一つお話しさせて頂きます。

僕も中学生時代には父親を亡くしていましたから、ある意味重なる時期だったかもしれません。

そんな時代のお話しだったので、余計に肌身に沁みるお話しです。

仲島先生:『ある女子中学生の生徒のお母さんは、夜の仕事をされていました。

だから、夜は独りぼっち。
最初は、同じ境遇の友達と三人で、

「一緒に宿題しよか♪」
と、夜に集まったりしたそう。

ところが、ある日から

「タバコでも吸おか!」

と…なったそうな。

そんな時、その少女三人は警察に補導されたそうです。

先生は三人の言い分を聞いていて、ある疑問が出てきたそうな。

彼女達の母親が

「何でこんなことしたんや!」

との問い詰めに、

1人は顔を背けて無視、

もう1人は、「うるさいババァ!」

ところが、三人目の少女は、

「お母さん、ごめん。」
と泣き出したそうな。

先生は、この三人目のお母さんに

「家ではどんな教育をされてるのか」尋ねたら、

お母さんは「何にもしていない。」と。

「でも、夜の仕事を終えて深夜帰宅すると、必ず娘の部屋のドアをソ~ッと開けて、寝ている娘に向かって毎日、

「ただいま。今日も遅なってごめんな。ご飯食べたん?風邪ひいてへんか?」

と声掛けをされていたそうです。

教育に大事な事だと、教えられた。』

といった内容のお話しに感動し、僕は涙が出ました。

僕の小さな頃は、父親が闘病10年。

その間、父親は仕事へ行くも病んだ体では家計も大変だったのです。

家計を支えたのは、母親の内職である洋裁でした。

夜中、母親の部屋から灯りがもれていて、小さな机で背中を丸めて洋裁してた姿は今も覚えています。

そんな過去を思い出したのかもしれませんが、

仲島先生のお話しを聞いて、とても幸せな気持ちになりました。

皆さん、また仲島正教先生の講演会がありましたら、是非♪

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。