TEL LINE

Blog記事一覧 > Weblog > 僕のいとこ。

僕のいとこ。

2010.11.18 | Category: Weblog


こんばんは。

本日、滋賀県の先輩先生から写真の子供服を頂戴しました。

双子の女の子のお祝いでした♪

同じ柄の色違いの服なんですが、カワイイですよね?

正直、僕に似ないで育って欲しいのが、今の願いですね…

女の子なのに、僕に似てしまうと、

カラダはデカいわ、

顔はオッサンやわ、

その他色々やわで…

『マツコ デラックス』

みたいな双子ちゃんになってしまうかも…

で、昨日、初めてオムツを交換しました。

オムツを交換しながら、ヤッパリ女の子やったんや…

と、実感しました。

ちなみに、退院して、家内の初めての仕事は、

双子ちゃんだけに、違いが分かるように、

1人の指にマジックでシルシを付けたそうな…

一卵性だから、まぁまぁ似てるのですが…

さて、本日、久しぶりに腹を抱えて笑いました。

昨日は、双子ちゃんの退院もあり、夕方はバタバタしてました。

そんな折、僕より少し年上の親戚の兄ちゃんから電話がありました。

『重い物を持ち上げて、かなりヒドく腰を痛めた…治療してか?』

といった内容。

しかし、僕は退院の準備があったりで、治療が無理でした。

親戚の兄ちゃんは、他院で治療を受けたそうですが、

本日、こちらへ来たいと言ってくれ、来院してくれました。

まず、歩けなくて、寝返りも出来ず、待合室で座りも出来ない状態。

そんな親戚の兄ちゃんが来院してくれたのを知らず、仕事中に 僕は フト、待合室を見ました。

『なんや?あの長い竹は?杖か?』

と、治療室から見えた

『長い竹』。

あんな長い杖、何歳の方かな?

と、よく見ましたら、親戚の兄ちゃん。

しかも、長い竹は、杖ではなく、下の方を見ると、足を乗せる台が…

『竹馬やんけ!』

まぁ、激痛らしい腰を想像しますから、

竹馬を杖代わりにしたのは想像出来ますが、

整骨院の待合室で、長い竹馬を杖に、顔をしかめて座ってた姿は、まさに、

『水戸光圀光…黄門様』でした。

親戚の兄ちゃんだから言えるのですが、

『あれ?竹馬で来たん?』

と、突っ込み満載。

笑うと激痛の兄ちゃんも、今回の腰痛には勝てない様子でして…

鍼灸治療をしたのですが、かなり激痛でした。

昨日、重い物を持ち上げた瞬間に倒れ込み、40分くらい動けなかったそうでした。

ズボンの携帯にも手が届かず、

声も出せなかったそうでした。

早く良くなって貰えるように頑張ります。

しかし、あの竹馬…

他の患者さんも笑ってらしたんですが、

治療の帰りは少しだけ歩けてました。

せめて、帰りは、竹馬を逆転して持って欲しかったな…

逆にしたら、

もっと、水戸黄門みたいな杖になるのに…

いやいや、

いくら親戚と言え、痛めた方へ冗談はイケマセンね…

少し、

『控えろ~っ!』

って言われそうですね。

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏