Blog記事一覧 > Weblog > 愛犬『ロク』です。

愛犬『ロク』です。

2010.11.09 | Category: Weblog


こんばんは。

昨日、僕が幼少の頃からお世話になっている神主さんに、

双子の子供の名前を命名して頂きました。

八十歳の神主さんで、昔から僕の父親代わりと云えるくらいにお世話になっています。

昨日も、たくさんのお客様がある中、僕のワガママを聞いて下さいました。

最近の名前は、昔世代の方には理解し難いと思います。

芸能人に然り、一般的にも然り…

そんな僕達夫婦も、希望する名前を言いますが、字画が合わなかったりで、ナカナカ決まりません。

ちなみに、産まれてくる子供は、てっきり男の双子だと思ってた僕は、

『やすし・きよし』

か、

『紳助・竜助』

にしたいなぁ~と、家内には却下されるであろうとは思いながら、少し楽しんでました。

家内は、双子の男の子なら、僕に似てしまうやろ…

多分、漫才の『ダッチ』みたいな感じやわ…

『幽体離脱~っ』とかやるで…
と言ってました(悲)。

実際、産まれて女の双子と知り、

だったら、

『まな・かな』かな?と、

字画を気にせず、こんな感じで考えてしまってました…

しかし神主さんも、

子供の幸せを願い、

僕達夫婦の願いも引き受け、

数時間僕と向き合って下さいました。

そんな背中を見てると、数日前に読んだ本を思い出しました。

『太宰春台の「産語」にある話し。

老人が松の苗木を植えていた。

通りがかりった君主が老人に年齢を尋ねた。

「85になります」

君主は笑った。

「その松が立派な木材になっても、自分では使えないだろうに」

と。

85翁は言った。

「国を治めている人のお言葉とは思えませぬ。

私は、自分のためではなく、

子孫のために植えているのです。」

君主は恥いるほかはなかった。 』

この一文にも『気付き』がありますよね?

次の世代の為に出来る限りの努力をしてやる。

昨日の神主さんの背中は、次世代を見てくれていました。

感慨深くなり、

『下書きの数枚の原稿を思い出に欲しい』と言いました。

自分だけのためではなく、皆の為に人生を歩めたら素敵ですね。

僕は偉そうに言えず、自分で精一杯ですが、

最近の外交を見てると、みんな自分勝手なんですよね?

それぞれ、文化は違えども、平和は世界の共通言語でないのかな…

愛犬『ロク』の目を見て、

平和な時間を過ごしています。

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。