Blog記事一覧 > Weblog > 手柄山の観覧車。

手柄山の観覧車。

2010.07.20 | Category: Weblog


こんにちは。

先日、息子と

『手柄山市民プール』

へ行きました。

手柄山市民プールは、
家から水着で行き、

そのまま泳ぎ、

そのまま遊園地で遊び、
そのまま帰宅します。

ここ、僕が子供の頃も来ていましたが、未だに思い出が沢山あります。

一つは、プールで遊んで小腹が空いた頃に食べる

『ポテト』

の塩味。

美味しいんですよね…

プールの合間に食べますから、再びプールに入ると、

口の回りに付いた塩がプールの水と調和して、ポテトを二度楽しめます。

息子も『ポテト』を美味しそうに食べてました。

2つ目の思い出は、

プール遊びの間の遊園地遊びです。

水着で濡れたままジェットコースターや観覧車に乗りますから、

微妙にお尻がカユくなってきます。

当時の懐かしさを味わいながら、息子が

『観覧車に乗りたい』と言いましたから、水着のまま乗って来ました。

しかし…

観覧車は誰も乗ってません。

僕の前には一組のカップルが順番待ち。

係のおっちゃんが三人で、

『あれ~?

○○やなぁ~。

うぅ~ん。

何人待ってる?』

みたいな話し声が聞こえます。

どうやら、不具合?

しかし、楽しみにしてる息子は観覧車を待ってましたから、
とりあえず順番待ちをしました。

すると係のおっちゃんは

『よし、行こう!』

と、カップルを観覧車へ。

内心、『大丈夫?』とは思いましたが…

カップルも、観覧車に乗ってすぐは対面で座ってましたが、

おっちゃんが鍵を閉めたらすぐに
2人並んで座ってました。

中学生カップルかな?

初々しい…。

で、息子と観覧車へ。

昔は、おばあちゃんの家が見えてましたが、今は沢山のマンションやらで、見えませんでした。

で、観覧車を終えた僕達。

降り口の階段を下りると、係のおっちゃんも後を付いて来られます。

まだゆっくりしか階段を下りれない息子に

『早く下りて!』

と言わんばかりの係のおっちゃん。

そして…

写真の『札』が階段に!

やはり、不具合あったんや!?

まぁ、楽しめて良かったです。

ちなみに…観覧車の下にある

『スリラー館』

昔はお化け屋敷でしたが、

昔のこのお化け屋敷は、

最強に恐かった。

古さもあってか、本当にお化けが住んでるかもしれないと、

子供の頃の僕は思ったくらいに恐かった。

おばあちゃんは、寝付かない僕を寝付かす為に

『彰宏、イヒヒのばあちゃんが来るで!

早く寝ないと!』

と言ってました。

未だに覚えています。

お化け屋敷の入り口に

『いっ、ひっ、ひっ、ひっ、ひぃ~っ』

と、当時はうめき声のスピーカーがありました。

中に入ると、

『皿を数えるお菊さん人形…』

あれは恐かった。

今は鏡屋敷になってるみたいです。

お化け屋敷…

何故なくなったんやろ…?

やっぱり、本物お化けが住んでたんかも!?

あり得る、あり得る。

では、恐いお話しはこれくらいで。

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。