Blog記事一覧 > Weblog > 急遽出席しました!

急遽出席しました!

2009.01.04 | Category: Weblog


こんばんは。

今日は、行き当たりばったりな1日でした。

朝は、一歳になる息子が起床したら一緒に起床し、息子のご飯が終わってから、お出掛けしました。

行き当たりばったりでしたが用事を済まし、昼過ぎに姫路に帰って来ました。

時間は14時丁度でした…
『これから姫路駅に行けば、15時間から水泳部のOB会に間に合いそう!』
と妻に言い残し、僕だけ姫路駅から電車に飛び乗り、西明石に向かいました。

少し遅刻しましたが、急遽、参加出来ました。

僕は、幼稚園からスイミングに通い、中学生時代は水泳部に入部してました。
別に水泳がしたかった訳ではなく、ラグビーをしたかったのですが、ラグビー部はありませんでした。
ラグビーをするためのカラダ作りに水泳を選びました。

ずっと水泳はしてましたが、中学二年生の三学期に明石の中学に引っ越してきました。

どんな中学かを全く知らずに、とりあえず水泳部に入部しました。

が、水泳部に入部した当時、左手を骨折し、ギプスをしてました。

実は、その前年の暮れに、前の中学でお別れ会をしてくれたのですが、場所は何故かスケート場でした。

言うまでもなく、

『お別れ会でスケートをし、転倒、負傷。
腫脹、熱感、叩打痛、著名。
フォーク状変形を呈す…完璧に骨折。』

そんな左手でしたが、園内に病院は無く、中学生だった僕は骨が折れたのも、何も訳が分からず、みんなに

『左手がおかしい!』

と言いましたが、

『ほんまやな…大丈夫?次はテニスするで!』

と言われ、

『わかった!』

と言いながら、お別れ会の主人公が去る訳に行かず、最後は卓球までこなし、

痛い涙、
別れの涙、
痛い涙のお別れ会は終えました。

家に帰り、パンパンに腫れた左手を親に見せ、すぐに病院に行きました。
が、あいにく年末の休みに入ったばかりで、ほとんどの病院は閉まってました。

行き着いたのは、救急病院。

『コーレス骨折』ってやつでしたが、今でも記憶にある、担当してくれた医師の言葉…

『骨折は私の担当ではありませんので、とりあえず板を当てます。』

で、本当にかまぼこの板みたいなのを当てて頂き、包帯でグルグルしてくれました。

ギプスはあったでしょうが、かまぼこ板みたいな板でした…

その夜、かなりの激痛だったのを覚えてます。
で、新しく入った中学は、ギプス姿でした。

転入の挨拶をした後、他のクラスの子が数人教室を覗きに来てました…これは、僕が男前だったからではなく、当時流行った

『ビーバップハイスクール』

と言う漫画にあったそうですが、腕にギプスをし、中に鉄パイプを入れ、引っ越してきた
『きくなが』
という登場人物のヤンキーが教室で暴れるシーンがあったから、「きくなが」の真似してる転入生がいるとの噂だったと、後に知りました。

で、引っ越してきた中学にもラグビー部は無く、そのまま水泳部に入りました…
が!ここが全国大会常連校と知ったのは、入部後でした…
ですから、練習は本当にスゴかった…1月に入部しましたが、陸上トレーニングがありました。走ったり、筋トレしたり…3日で弱音をはき、
ギプス姿のギプスを言い訳に、入部後一週間で幽霊部員と言われたくらいに、クラブを休みました。

みんな、本当に何でもめちゃめちゃ速い。

ちなみに、プールは外にあるのですが、2月末には農業用のビニールハウスを張り、風だけを防ぎ、真冬の水の中をすでに泳いでました。

本当に温水じゃないんです、真水です。

まさに、
『アンビリーバヴォ!』
女子もブルブル震えながら、本当に唇が真紫になりながら泳ぎました。

しかし、一コースから七コースまであるプールは、速い選手から区切られており、僕は女子も含めた一番遅い七コースに居ました。

ちなみに、女子の一番遅い子より僕の方が遅かったんです。

いつもクロールをしてるのですが、僕は周回遅れ。
いつも、一番遅いはずの女子が僕に一周差をつけ、僕に追い付き、僕の足の裏に彼女の手が当たるんです。
僕は立ち止まり、彼女を先に行かせます。

当時は、心底情けなかった。

女子に負ける事じゃなく、いつも
『僕はみんなの邪魔をしている』
と言って自分を責めてました。

そんな毎日を過ごしましたが、プールで泳ぎだしてからの練習は1日も休みませんでした。

遅くとも、追い越されても、休まず七コースに居続けました。

速くなりたい感情は無く、日々練習をこなす事だけを考えてました。

今でも忘れない、4月のある日、加古川の平荘湖の畔にあるプールで記録会がありました。

監督は、『中村、出場しても仕方無いやろ…50mだけ泳ぐ?』
と言って頂きました。
水泳の公式戦は100m以上しかなく、50mは本当にとりあえず出場させて頂く立場でした。

ところが…毎日地道に練習をこなした成果は出ました。
結構速いタイムが出たのです。
あの日から、監督は僕のコースの飛び込み台の上に居座り、ビート板で頭をど突きにど突きまくりながら、物凄く鍛えてくれました。

4月末の出来事でした…その時の監督が写真の方です。

かなり長いブログになりましたから、次のページに続きます。

当院へのアクセス情報

なかむら整骨院・しせい本舗

所在地〒670-0084 兵庫県姫路市東辻井3丁目3-18
駐車場9台あり
予約予約可能
電話番号079-298-2313
休診日水曜、土曜の午後
日曜、祝祭日 
院長中村 彰宏


フェイスブックを始めましたので『いいね』お願い致します。